人気ブログランキング |

中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

アインシュタインの発明による冷蔵庫

e0037600_12151184.jpg


一切の電力が不要な冷蔵庫

1930年にUSパテント 取得です。アインシュタインとレオ・シラードの共同提出ですね。
 右下に自筆のサインが。
今はElectrolux社がライセンスを保持しています。

早く 実現しましょうよ ね
  もうすぐみたいですけど   エアコンにも使えるかもね。
***これが出来たら 暖房は太陽熱と地熱ヒートポンプ  冷房と冷蔵かこれで
電気はソーラーセルで まかなえたら  自給自足の家が簡単に作れるし
途上国でもどこでも 人は快適に住めることになる。


原文はWIRED

↓以下 またまた 読みつらい Yahoo翻訳・・・



1930: Albert Einstein and fellow nuclear scientist Leo Szilard receive an American patent for a new kind of refrigerator that requires no electricity.
1930:アルバートアインシュタインと仲間の核科学者レオシラードは、アメリカの特許を電気を必要としない1種類の新しい冷蔵庫で受けます。

The most famous physicist of the 20th century wasn’t a Thomas Edison: The fridge would prove to be one of Einstein’s few forays into the world of commonplace engineering.
20世紀で最も有名な物理学者は、トマスエディソンでありませんでした:冷蔵庫は、当り前のエンジニアリングの世界へのアインシュタインの少ない進出のうちの1つであることがわかります。

The refrigerator uses chemical reactions of ammonia, butane and water to turn a heat input into a cold output.
冷蔵庫は、熱入力を冷たい出力に変えるために、アンモニア、ブタンと水の化学反応を使います。

Ammonia gas is released into a chamber with liquid butane in it. This reduces the boiling point of the butane, causing it to evaporate, and draw in energy from the environment, cooling the area outside the evaporator. The mix of gases pass through to a condenser filled with water. The ammonia dissolves into the water, and the butane condenses into liquid, which sits atop the water-ammonia mixture. The butane runs back into the evaporator, a heat source is used to drive the ammonia back into gas, and the ammonia heads to the evaporator to begin the cycle again.
アンモニアガスは、それの中に液体ブタンで部屋に放たれます。これはブタンの沸点を減らします。そして、それが蒸発して、蒸発器の外で地域を冷やして、環境からエネルギーを引き込む原因になります。徹底的にコンデンサーへのガスパスの混合は、水でいっぱいになりました。アンモニアが溶けて水になります、そして、ブタンは液体に縮合します。そして、それは水-アンモニアを混ぜたものの上に座ります。ブタンは蒸発器に走って戻ります、熱源はアンモニアをガスに入れるのに用いられます、そして、アンモニアは再びサイクルを開始するために蒸発器に進みます。

Though the fridge never became a commercial product, Swedish company Electrolux did license the scientific duo’s most promising patents. And in recent years, some academics have built coolers based on the cycle Einstein and Szilard described.
冷蔵庫が商品に決してならなかったけれども、スウェーデンの会社エレクトロラックスは科学的なデュオの最も有望な特許のライセンスを与えました。そして、近年、一部の研究者は、アインシュタインとシラードが解説したサイクルに基づくクーラーを造りました。

An Oxford team led by Malcolm McCulloch built a prototype fridge in 2008. A German group (pictured at right) also re-created the fridge, as did Georgia Tech Ph.D. student Andy Delano in 1998.
マルコムマカロックによって導かれるオックスフォードチームは、2008年にプロトタイプ冷蔵庫を造りました。1998年のジョージア工大博士学生アンディデラノのように、ドイツのグループ(正当で描かれる)は、また、冷蔵庫を再形成しました。

Beyond the desire to retrace Einstein’s footsteps, the refrigerator is intriguing because it doesn’t use freon or electricity, which could make it a cleaner, simpler alternative in poor countries.
アインシュタインの足音を戻りたいという願望を越えて、それがフレオンまたは電気を使わないので、冷蔵庫は陰謀を企んでいます。そして、それは貧困国でそれによりきれいな、より単純な選択肢を作ることができました。

“It’s basically an absorption-type refrigerator that uses ammonia, water and butane to create a chemical phenomenon that allows you to run the whole thing at a constant pressure, so you don’t need moving parts like a pump or a compressor,” Delano explained. “It provides cooling with only heat as an input. Literally, you heat one end, and the other end gets cold.”
「それは基本的に、定圧で全部を走らせることができる化学現象を引き起こすためにアンモニア、水とブタンを使う吸収タイプ冷蔵庫であるので、あなたはポンプまたは圧縮器のような可動部分を必要としません」と、デラノが説明しました。「それは、入力として冷却に熱だけを提供します。文字通り、あなたは一端を暖めます、そして、反対側は寒くなります。」

The only problem is that compared to a modern refrigerator, Einstein’s design isn’t very efficient at cooling per unit of energy input. The Oxford team, however, thinks it can quadruple the cooling output with some tweaks to the system.
唯一の問題は、最新の冷蔵庫と比較して、アインシュタインのデザインがエネルギー入力の単位につき涼しくなることであまり効率的でないということです。オックスフォードチームは、しかし、それがシステムにいくらかの微調整で冷却出力を4倍にすることができると思います。
by nakanokeiichi | 2010-09-24 12:28 | 建築