中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:外構の資材( 63 )

伝統

今回 運良く大阪 谷町のお寺の改修工事をさせていただいた。
 非常に 得るところが多かったのです。

深草タタキはこの様に仕上がっています
まだ乾いていないので シットリした写真ですな。
e0037600_1846010.jpg

小石が少し顔を出しているのが 深草の楽しいところですね。
色が落ち着いて 煤けたクリーム色の時が その 美しさを輝かせる・・
e0037600_1847586.jpg


楽しみです。


ところで  大阪 谷町と言えばお寺で有名(相撲取りのスポンサーの名前にもなっていますが)
ここの 国柄 いや 町柄はドウヤねん

ご近所の寺の塀です
これは つい最近 リフォームされた塀
なんでやねん!!
e0037600_18505418.jpg

クラックをモルタルでゴチョゴチョと塗りこんで テカテカのペンキかよ。
ハイドロテクトの幡を上げていた 汚れないようにメンテするのは 構わない
でも 伝統にリスペクトしようよ! こんなの そこいらのビルでやっとけよ!

私なら 漆喰の上から光触媒で仕上げるね。同じ効果を求めるなら。
当然 つや消しのまま 木部も見た目が普通に朽ちた感じでわからないように仕上げる。

他にもこんなんありました。
e0037600_1854954.jpg


もっと 風情 景色を築き上げようよ ね 大阪さん。
[PR]
by nakanokeiichi | 2007-10-19 19:02 | 外構の資材

深草タタキの現実

コレが 深草三和土です。

コレを見ても 材料も入手出来ない 配合も判らない 固め方も不明
 大阪の左官屋さん 頑張ってね!!

e0037600_18374548.jpg

e0037600_1838599.jpg

e0037600_18382369.jpg

以上が材料です。

そして 配合
e0037600_18385980.jpg

寄ってたかって 今日の天気 土間の基礎の様子 この土 ニガリの濃度
でやねん?!!・・・って  感覚か?
でも 無いのですが。 知ると識と体は一つですな こんな仕事は

e0037600_18403574.jpg

e0037600_18405523.jpg


こんなモノですよ!
難しくは無いと思うのだけど 何にも知らない左官屋さんに何度も出会っていますので
 確実な人を お願いしました。 出来る人は多いですが
じゃ あなた出来る?って 問うた時 返事は数少ないでしょうね。

ここは谷町8丁目 大阪です。
景色に違和感があります。 少し 腹も立つって感じですよ。
e0037600_1847727.jpg


**コーヒーは美味しかったけど Ω
[PR]
by nakanokeiichi | 2007-10-17 18:48 | 外構の資材

大阪 谷町のお寺

これが境内にあります番神社
e0037600_16302357.jpg

9月17日の記事の現場です。  大阪は谷町8にある 正覚寺です。 

今日から土間をはつって 古い土を撤去して 深草タタキにやり直しです。
一応 京都迎賓館で採用された配合ですね。
e0037600_1631194.jpg

粉塵も出るかも知れないので養生もしましたが
噴霧器で水を打ちますと 結構湿った感じで 崩し易かった
と 言うより 唯の土で石灰分が無くてタタキになっていないですね。
 人が歩けば バラバラになってグランドと変わらないです。
前の左官屋さんは理解していなかったかも知れないですね。

で  一応100mm平均 撤去できます
e0037600_16343820.jpg

e0037600_1634553.jpg

少し残ったのは 2tダンプに積みきれなかった。
明日 引き上げます。 
[PR]
by nakanokeiichi | 2007-10-15 16:37 | 外構の資材

深草三和土

お寺の土間のタタキの相談に行ってきました。
e0037600_1715123.jpg

10年経って おば様方のハイヒールに。おじ様方の皮靴にやられて 表面が傷んでいます。

また 土も深草土を使っていないので 堅さが足らない感じでした。

何とかなりますが
掘り起こして やり直しです。
 目標は  京都御所に出来た 迎賓館のタタキと同じ配合です。
それと同じ土も手配します。


で お庭も拝見
大阪だね~ 値上がり松(根上がり松)
e0037600_1846599.jpg


大阪だね~ 役者の墓がある。
e0037600_1847561.jpg

e0037600_18482443.jpg


ここのお寺には 神社が有るのですよ
名前は 番神社

一番から30番まであって 毎日 守護してくださるわけです
日替わりですね。
一日は熱田大明神で30日は吉備津大明神 法華守護の三十番神です。
31日はどうしたら良いのでしょうか?
[PR]
by nakanokeiichi | 2007-09-17 18:57 | 外構の資材

ステンレス

外構のテラスなどは アルミの既製品に決まってる?
私も安易にメーカー品は 選んで指定しています。

しかし こんなのも有るのです。
ステンレスの磨き仕上げのテラス
出来れば  RCの打ち放しに付けて見たいですな。
e0037600_17493698.jpg


内側から見たところ
e0037600_17501032.jpg


日除けを降ろして
e0037600_17505275.jpg


コストは聞かないで  注文ください。
[PR]
by nakanokeiichi | 2007-09-16 17:52 | 外構の資材

モザイク

ガラスモザイクも最近 少しづつ外構に使われだしました。
これが その元の素材です。
e0037600_1435639.jpg

かなりの色が揃っています 
 出来上がりは10年前の岡山の工事の様にに大掛かりは滅多にありません。このときは接着剤が開発されて間もない頃でした 今でもモルタルで接着できると思っておられる業者もおられるようですが。
イタリアでは SBR樹脂強化モルタルだったと思います。
 ガラスはアルカリ反応で剥がれるのですね。

大理石モザイクはこのように 作られます。
昔はこんなに便利なものは無かったと思いますが
CADとカラープリントとトレーシングペーパーと仮止めスプレー糊と紙のシート
e0037600_14382946.jpg

10mmの大理石のキューブも色の種類はかなりありますが
 肌色や金 ブルーは高いですね。

e0037600_14395240.jpg


このように造るので 自分の絵を床や壁に再現するのは 難しくない!
 その絵が難しいですが。
[PR]
by nakanokeiichi | 2007-09-14 14:41 | 外構の資材

大谷石

兵庫県まで仕事に!
 芦屋の高台からの眺めはいかがですか?
e0037600_2020135.jpg

パノラマですな 夜景はもっときれいでしょう。
e0037600_2021270.jpg


ところで 工事はリビングの暖炉を大谷石で化粧することです。
e0037600_20215425.jpg

このように コンパネ下地の場合は 電気式ストーブです。
 完璧な暖炉は難しいでしょうな。

で 天板のダークオークの色目 壁の珪藻土 タイルの組み合わせで
 クラシカルなスタンダードになると思います。
大谷石を使うのだから F,L,Wright風に近づきたかったのですが
 やはり貼り物には限度が有って マッシブ感を出せなかったのは 反省しますね。
e0037600_20253394.jpg


残念ながら 仕上がりは見ることが出来ないでしょう。

次は 彫刻的に出来るように 耐え忍んでみます。
[PR]
by nakanokeiichi | 2007-09-07 20:27 | 外構の資材

大阪ガス その3

またまた 困ったことです

勝手口をこの場所に決めたら ガス管が
確かに ベタ基礎には穴が空けられないかな(ハウスメーカーとしては)。

でも しかし このままでは丸見えになるのもね。
多分 大阪ガス本社は許可しないだろう。
e0037600_2248155.jpg


ではこの菅の前にブロックを積んで隠します  でも
ここは車椅子が通るように 広さが必要ですので 建物から壁がふいてくると
十分なスペースが確保できません。
ベタ基礎に10mmモルタルで仕上げるくらいに 仕上げたい。

どうなりますか
 どのように解決出来るか?
[PR]
by nakanokeiichi | 2007-09-01 22:55 | 外構の資材

鉄 と ステンレス

前回の現場で造った シャッターのフレームの工場です。
広い空間が必要なんですね
e0037600_1504870.jpg

発注しました
こんな感じのフレームにタイルを全面に貼ります。 もちろん電動シャッター付き
e0037600_1575825.jpg

↑クリック↑ すると見やすいです。



また こちらは ステンレス加工工場
全く機械が違います  もちろん鍛鉄の工場とも違いますね。
で こんなの創ったそうです。 竹の花活けと筧
e0037600_1510410.jpg

 ステンレスドアや手すり、シンク等はこちらの仕事ですね


***あと何年かすれば 錆びたステンレスを見ることが出来るでしょう。
 わが国と国境を接している大国の製品ですが。 食品では最近有名になっています。
[PR]
by nakanokeiichi | 2007-07-28 15:14 | 外構の資材

鍛鉄

現場19の門灯が出来たので 引き取りに行きました。
 既製品のサイズではどうもバランスが悪いので 大き目のを造ってもらいました。
e0037600_135013.jpg

サイズは300x300x250です
  ロートアイアン的では無いですね。 柱を叩き仕上げにして味をだしています。

こんな設備で 見た目は簡単?  それが叩かせて頂いたらチョット難しいでした。
送風機で風を送って コークスを燃やして600℃まで焼きます
e0037600_1375372.jpg


赤くなったら タントンタントン です。
e0037600_1383611.jpg

有史以来 同じ造り方ですね。


さて これに合わせる イタリア製門扉は未だ船の上・・・です。
[PR]
by nakanokeiichi | 2007-07-27 13:11 | 外構の資材