「ほっ」と。キャンペーン

中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:建築( 33 )

住宅の地盤と沖積層

 今回の地震で 千葉は液状化で とんでも無い事になり

湾岸の不動産は値段がつかず
 東京は 武蔵野台地に人気がでる・・

で それは 関東だけではない
 そんで
滋賀県で調べてみた

特に 耐震建築では
沖積層が30mより浅いと  軟弱地盤 やや悪い地盤に
30mよりも深い沖積層は 非常に悪い地盤


つまり その地盤に建てた家は他より
 耐震構造がより 強いものを求められる

最初から 解ってたら そんなところの家 買わないでしょう?
家 建てないでしょう?
基礎 地盤改良 心配でしょう??
で 滋賀のを調べると・・・
e0037600_198738.jpg

これに 記載してます
PDFで見たかったら これです
滋賀県の地層分布

ただね デジタルでないし・・Googlemapに連動していない
だから 自分の家がどうか?  これから買うつもりの家はどうか?
  微妙に 解りずらい

**基本 情報は市民にオープンにしてほしい!!

そんな 滋賀県立図書館は森の中

 気持ちの良い 空間を創り上げている
こんな 実りや植物に囲まれてます
e0037600_1913302.jpg

枯れた桜にキノコ  庭石に苔と羊歯

e0037600_19141431.jpg

実った山法師  モミジのヘリコプターww
[PR]
by nakanokeiichi | 2011-06-23 19:16 | 建築

フローリング

なんとも すごい フローリング
 その ラインが美しくて ナチュラルで

e0037600_1721618.jpg


e0037600_17212963.jpg


Bolefloor

どうやって 造ったんだろう??
[PR]
by nakanokeiichi | 2011-03-17 17:23 | 建築

こんな家に・・いや・・こんなLIFESTYLEが いいな~

off-pipe and off-grid
つまり 電気も水道も繋がっていない と 言うこと

場所は メイン州 NYとボストンの真ん中
e0037600_1544273.jpg


記事はCozy Off Grid Solar Retreat in Maine

I must say this one made the greatest impression on me.
私もそう思う 出来そうで 出来ないSelf-sastainableな住宅

The owner, Bruce Porter, is a journalist and retired professor of Columbia University, while the architect, Alex Scott Porter, is the owner’s daughter.
コロンビアの教授で娘さんが建築家  なら さもありなん  ですね。

内装はOMソーラーの家とよく似ている
たぶん 同じシステムの進化で出来るでしょう ね

でも メイン州で あの小さい太陽光発電では 冬 大丈夫でしょうか?
 北海道より北・・だから

この家 The Portage Cottage   いい名前

設備は太陽光発電、でっかい2次電池、雨水をためるタンク、コンポストトイレ、
直流電源の冷蔵庫、常時使用可能な温水器 などです・

出来そうやけど 日本でも そんなに 難しくないと思う。

ただ 畑と養鶏と田んぼと  出来るか だけ
あ・・・ 衛星インターネットは欲しいですね。

e0037600_1625189.jpg

池でニジマス飼っても よいかな?

でも こんな生活は off-pipe and off-grid より 
   off capitalism だよね。  資本主義からの離脱

[PR]
by nakanokeiichi | 2010-12-06 16:08 | 建築

コンクリートのクラックを補修する細菌

バチルス菌でコンクリートのクラックが修復出来たら 建築の寿命は格段に伸びるし
 それが 本当のECOですよね。
 あまりにスクラップ&ビルドし過ぎたとおもう。  住宅でも建築でも中古のリノベーションで
 使い続けることに エコポイント欲しいですな。
建築資材を売ることに政府の補助?って おかしくない?

Scientists Look to Put Their Bacteria in Concrete's Dirty Cracks
e0037600_15511062.jpg


After many long, hard days of work, researchers at University of Newcastle feel they are nearly ready to put their special bacteria into concrete's dirty cracks.
仕事の多くの長い、厳しい日以後、ニューカースル大学の研究者は、彼らがほとんど彼らの特別なバクテリアをコンクリートのみだらな言葉で表現する準備ができているのを感じます。

If you look at the average city street it is chock full of gaping potholes and many a crack. The researchers are taking advantage of bacterial life's wonderful diversity and its ability to rapidly evolve to plug up these dirty holes, preventing them from damaging vehicles.
あなたが平均的都市通りを見るならば、それは大きく開いたくぼみと多くの隙間で一杯詰まっています。 研究者はこれらの汚い穴をふさぐために速く進化する細菌の生命の素晴らしい多様性とその能力を利用しています。そして、彼らが車両に損害を与えるのを防ぎます。

The thrust of the research is to optimize the tiny microbes -- "BacillaFilla" -- to produce a super-hard rod-shaped bacterial skeleton reinforced by calcium carbonate and a special bacterial "glue". What might surprise some is that the bacteria has very pedestrian origins, being derived from
研究の趣旨は、炭酸カルシウムと特別な細菌の「接着剤」で補強されるスーパー堅いロッド形の細菌の骨格を生産するために小さい微生物 ― 「BacillaFilla」 ― を最適化することです。 いくつかを驚かせるかもしれないことはバクテリアが非常に歩行者の起源を持つということです。そして、由来されます、Bacillus subtilis枯草菌 , a common soil bacteria.一般の土バクテリア。

When the genetically modified critters come into contact with some hole or crack in a specific pH of concrete, they germinate, plunge as deep into it as they can (via so-called "quorum sensing"), and start procreating. At a certain point, though, the colony is genetically programmed to self-destruct to avoid a sloppy mess of artificial concrete.
遺伝子が組み替えられた生物が若干の穴またはコンクリートの特定のpHの隙間と接触するとき、彼らは発芽して、彼らがそうすることができるのと同じくらいそれの中に深く飛び込んで(を通していわゆるで「定数は感じる」)、生み始めます。 特定の点で、しかし、植民地は人工コンクリートの濡れた混乱を避けるために自滅するように遺伝的にプログラムされます。

The resulting plug is reportedly as strong as standard concrete.
結果として生じるプラグは、伝えられるところでは、標準的なコンクリートと同じくらい強いです。

Jennifer Hallinan, a research fellow in complex systems at the University of Newcastle in the United Kingdom says the material could be valuable, not only to roads, but also to buildings, particularly those affected by aging or earthquakes. She states, "Finding a way of prolonging the lifespan of existing structures means we could reduce this environmental impact and work towards a more sustainable solution. This could be particularly useful in earthquake zones where hundreds of buildings have to be flattened because there is currently no easy way of repairing the cracks and making them structurally sound."
ジェニファーHallinan、道にだけでなく、建物(特に老化または地震に影響を受けるそれら)にも、イギリスのニューカースル大学の複雑なシステムの研究人は、材料が貴重でありえたと言います。 彼女は述べます ― 「既存の構造の寿命を延長する方法を見つけることは、我々がこの環境影響を減らすことができて、より持続可能な解決を目指して努力することができたことを意味します。 これは、特に隙間を修繕して、構造的に彼らを丈夫にする簡単な方法が現在ないので、何百もの建物が倒されなければならない地震地帯に役立つことがありえました。」

Ms. Hallinan is a pretty prolific scientific author, and one of her reports on the microbes published at a biology conference is available here [PDF]. While publication is one goal of her team, ultimately their invention could be incredible financially lucrative as well.
Hallinanさんはかなり多産な科学的な著者です、そして、生物学会議で発表される微生物についての彼女のレポートのうちの1つはここ[PDF]で利用できます。 出版が彼女のチームの1ゴールである間、最後に、彼らの発明は同様に有利で財政的に素晴らしくありえました。

So next time you see a dirty crack, don't despair. The University of Newcastle is hard at work designing a solution to plug it up.
それで、次にあなたがみだらな言葉を見る時に、絶望しないでください。 ニューカースル大学は、それをふさぐために解決を設計して、仕事中に難しいです。

Researchers have designed bacteria that can produce a special glue to knit together cracks in concrete structures.
e0037600_1625996.jpg


元記事↓
Scientists Look to Put Their Bacteria in Concrete's Dirty Cracks




それと この翻訳機能は 何故? a dirty crack, を みだらな言葉 と訳すのだろう?(笑)
[PR]
by nakanokeiichi | 2010-11-19 16:05 | 建築

アインシュタインの発明による冷蔵庫

e0037600_12151184.jpg


一切の電力が不要な冷蔵庫

1930年にUSパテント 取得です。アインシュタインとレオ・シラードの共同提出ですね。
 右下に自筆のサインが。
今はElectrolux社がライセンスを保持しています。

早く 実現しましょうよ ね
  もうすぐみたいですけど   エアコンにも使えるかもね。
***これが出来たら 暖房は太陽熱と地熱ヒートポンプ  冷房と冷蔵かこれで
電気はソーラーセルで まかなえたら  自給自足の家が簡単に作れるし
途上国でもどこでも 人は快適に住めることになる。


原文はWIRED

↓以下 またまた 読みつらい Yahoo翻訳・・・

More
[PR]
by nakanokeiichi | 2010-09-24 12:28 | 建築

段ボールハウス for ホームレス

 
The cardboard origami homeless shelter was designed to be portable, lightweight, sustainable, naturally insulated and inexpensive.
折り紙? なんておしゃれな 段ボールハウス なんでしょう。

Cardborigami house ← スライドショウでどうぞ

Cardborigami
  新語やね・・・
[PR]
by nakanokeiichi | 2010-09-24 08:16 | 建築

リビングの炎

e0037600_19424085.jpg


リビングに炎
 暖炉に薪を投入して 暖を取るのは
   もはや 時代が・・・過ぎてしまって 
炎はインテリアに成ろうとしている

e0037600_19483629.jpg



でも この風景で
 匂い 臭いは出ない  余分なCO2は排出しない
  ECOなFireplaceなのです



furnishings with fire for contemporary lifestyles.←メーカーのサイト  なんか ええな~

実は  バイオエタノールを燃やしている・・・ のです。
 キャンドルナイトはこちらのほうが Ecoと呼ばれる日が近いかも

日本人に出来ないデザインやね・・
[PR]
by nakanokeiichi | 2010-09-23 19:51 | 建築

展覧会

少しは 勉強 しようと
 展覧会に行ってきました

<京都造形芸術大学大学院 佐々木ゼミの学生による展覧会>です
境界横断展'08~つむぎだす~←  撮影禁止でした



高瀬川  遅い秋でした
e0037600_6365726.jpg


***時間通りに展示場の鍵をあけましょう
     5分以上 ドアの前で待たされました・・・・
       がっかり  しました。    
               内容?  う~んなんとも・・・・・
[PR]
by nakanokeiichi | 2008-12-03 06:42 | 建築

ビルの外壁


アルミ ステンレス ガリバリウム そして ガラス
 建築の素材  これらは 上手くすればリユース可能です

このキャットウォーク  不思議ですが
e0037600_203619.jpg

誰も歩かないと思う  そして この外壁はガラスのダブルスキン

二重ガラスではない  この空間が省エネなんでしょうか?
 所謂 空気層ですから  空調効率は良いと思う

これが 新しい建築なんでしょうね。

それに プラスして 壁面緑化もされています
e0037600_2061346.jpg

おかめつた なら安心です、 ステンレスのポットに入っている土も少ないので
そんなに大きくはならないでしょうね。

最新のビルの インサイド からでした。
 
[PR]
by nakanokeiichi | 2008-11-11 20:09 | 建築

園部の家 追加が・・・

流れてきたFAXを見ると  
  なにやら  壁が出来るらしい・・・
    暖炉の熱よけの雰囲気やな~

で 現地を見ないとなんとも 成りませんので
 8枚のために 行って来ました

もはや家具も入り 引越しも進んでいるようなので
 その写真は 取れませんが  
こんな感じに仕上がっていましたよ

階段  手すりがステンレスと鉄の組み合わせ
e0037600_14154324.jpg


キッチン カウンターだけ大理石です
e0037600_14162227.jpg


暖炉の大理石加工の詳細
e0037600_1417752.jpg


テラスの屋根が おしゃれ やね~
e0037600_14174890.jpg


こんな 感じの家でした
 家具はすべて ロマンチックでしたよ。
[PR]
by nakanokeiichi | 2008-11-06 14:19 | 建築