「ほっ」と。キャンペーン

中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:和庭と数奇屋の家( 10 )

良いものを見させていただきました

数奇屋の家の庭に・・・・・・と
   言うことで  

   現物を見に行きました・・・・・・が。

良い玄関周り
e0037600_16303974.jpg


中庭が
  これまた すごい~です  そのまま欲しい です。
e0037600_16313541.jpg


こんな 蹲も
e0037600_1632278.jpg


なんと 悩ましい・・・

と 言うことで 詳しくは 何も 話せませんし
  何も 決定していません  です。


なんや 訳解らん話やね。
[PR]
by nakanokeiichi | 2008-12-04 16:34 | 和庭と数奇屋の家

四君子苑  市中の山居

お茶室の庭つくりのお勉強に
 雨の和庭は しっとりして良いです。↓クリックすると拡大します
e0037600_15462377.jpg

 参考にしたいのは 18 23 24 25の露地です。
  最初から こんな侘びた風情を出すように との指令ですが・・・・

う~ん  想像力と  足らないところはデザインの神様が降りてこられるのを
 待ちましょう。

苔の力を借りずに 土のままで 本当の林の中みたいな 表現は出来るか?
もしくは それに見合った蹲 景石 樹木 飛び石  そろいますか?

では そのほかの庭の景色を
e0037600_15515549.jpg

e0037600_15524190.jpg

e0037600_1553321.jpg

e0037600_15532275.jpg

e0037600_15542973.jpg

e0037600_1554598.jpg


もう お腹いっぱい でした。
[PR]
by nakanokeiichi | 2008-10-24 15:57 | 和庭と数奇屋の家

庭石ともみじ 

北ちゃんの所に 佐冶石 が入荷したので
 数奇屋建築家 岩崎 泰(yasushi iwasakai)さんと 現物を確かめに

e0037600_17475844.jpg

現物を前にして
 北山都乾園の北ちゃん岩崎建築研究室代表

お話中です。   天気がよくて 空気がきもちよいです

天下の銘石 佐冶石の表情です
e0037600_17523142.jpg

この シュリンク感と渋い色あい もう採取不可能な石ですので
貴重です・・・ コストは 気にしない  ことは   無い無い・・・

その後 庭に植える主木のもみじを捜しに
 めっちゃ いいのがありました  完璧な樹形ですが
  ここに 載せる事は 出来ません   売れてしまったら困るので・・・・

今日の 嵯峨野  広沢の池   
e0037600_1756960.jpg

この景色を眺めながら 植木選びでした。

 池内君 早く 嵯峨野便り のブログ始めましょう  当然 この写真が表紙ですね・・・
    
[PR]
by nakanokeiichi | 2008-10-16 18:00 | 和庭と数奇屋の家

ブロック塀が出来上がりそうです

境界を決める ブロックの塀も もう直ぐ完成です。
 控えは最後になりそうですね
e0037600_13381346.jpg


問題の境界も そろそろ で~すね。

e0037600_1339818.jpg



あぢ~ ので 
  台湾ラーメン  激辛
    その上  ヤンニンジャン 足したら 
汗が 全身から   吹き出した
e0037600_1341775.jpg

 昔の(10年前)のこのお店の 台湾ラーメンは辛すぎて完食出来なかった です。
 ブログ 2度目の登場かな?
[PR]
by nakanokeiichi | 2008-07-21 13:43 | 和庭と数奇屋の家

ブロック積みの塀

基礎はしっかりできて
e0037600_1418243.jpg

 ブロックの搬入も このトラック3台 1500個
e0037600_14182829.jpg



で  根決めもできて 後は
e0037600_1437381.jpg
 
     ガンガン 積むだけ です~

塀はそんなんで 自動的に 出来上がりますが

お庭は・・・・・どうなるでしょう
 こんな風情になるのでしょうか?


この近所の御茶室前のお庭  すばらしい   ですね。
e0037600_14204352.jpg

夜半の雨が残って 朝一番 まだ モヤっていますが。
  裏の神社の垣根越しに 覗かしていただきました。
中村外二さんが、今から約三十年前に建てた御茶室です。
[PR]
by nakanokeiichi | 2008-07-16 14:38 | 和庭と数奇屋の家

ベース ブロック塀の基礎

重機での掘り方 です。

鉄筋はこの後 組んで 明後日 生コンの予定です。

地盤の勾配で 西面は200mm深く 掘っています
e0037600_20233349.jpg


 ブロックが一段 余分ですね・・・・

ほかも 掘り方終了
e0037600_20181055.jpg



で・・・
現場に残された  庭石
 使えるかな?  使うのが 目利き かな・・・・
e0037600_20192854.jpg


余ると思います。
e0037600_2020434.jpg



当然 それなりのモノを仕入れる必用は  あります・・・
[PR]
by nakanokeiichi | 2008-07-10 20:27 | 和庭と数奇屋の家

境界ブロック積み

やっと 境界関係が解決して  かかれるコトになりました・・・

 結局 マーク通り  それが普通ですが・



囲いのフェンスを撤去すると さすがに 全体が見えてきます。


まずは 遣り方 から
 
e0037600_14191849.jpg

 表の側溝の天端をGLとして 高さを決めますが
  やはり 目測と違い おくが 下がっていました。

基礎が埋まるので問題ないですが・

こんな感じです  
  いつもの通り  重機が最初
e0037600_14221824.jpg


さてと  暑い夏 が 来ましたね・・・・・
[PR]
by nakanokeiichi | 2008-07-09 14:25 | 和庭と数奇屋の家

延期   工事は先に延ばします


案の定
 敷地を 再確定 するために
  境界ブロック工事は延期 です・・・

図面に起して ポイントをもう一度 確認して
  皆 再度 立会いの上  確定するらしい  です。


それに従うだけですから  別に問題は無いのですが
 はみ出してきている部分は 撤去願えるのだろうか??

そして 問題は この壁 
e0037600_6295582.jpg

お庭の背景としては いただけませんね~
 どのような 塀を造るか・・・・・・

石積みの上に 版築 その上が竹垣  
 こんな背景が欲しいですね  お庭は極力 シンプルに 組み立てて・・・・
[PR]
by nakanokeiichi | 2008-06-30 06:43 | 和庭と数奇屋の家

敷地 境界ポイント

ブロックの塀を造るべく
 皆 集まって  打ち合わせ
  
と  思いきや  なにやら
  不穏な空気が・・・

設計の先生の登場で
 話し合いに 拍車がかかる

わたしも説明に加わり
 余計 ややこしくなる・・・


で 職人さんは 早々にお帰り願って
 あらためて 月曜から 重機をいれることに・・・


境界ポイントが違うって??
  なんでやねん
e0037600_14163120.jpg

  このマークが間違っているらしい  
と お隣からクレームが・・・
   でも  ??なんで??
      このマークでオーナーは購入されたのだか・・
         オーナーにとっても 青天の霹靂


さ~大変だ~  で 2時間ほど すったもんだのあげく・・・

  解決策は・・・・
   売った不動産屋が 解決しなくては いけない   
     ってことにして  折り合いが付くのでした

さ~て  0.5㎡くらい 買い戻してもらうのかな??
  それでも ¥500000はするでしょう!!

それで 他にも  境界めちゃなところあり

これは  アカンでしょう  どうするのでしょうね  お隣さん
e0037600_14211454.jpg


このように キッチリしていたらね‘
  これも  なんだか~ です
e0037600_14231643.jpg

 ブロックの角が境界  らしい・・・・

**こんなこともありで  1cmほど控えてブロックは積みましょう  ね。
[PR]
by nakanokeiichi | 2008-06-28 14:27 | 和庭と数奇屋の家

うなぎの寝床 京の家


京都 独特の敷地 です。
e0037600_1749319.jpg

間口10m 奥行き50m でしょうか?

奥行きがあるので とりあえず敷地面積が広い  のに
 間口が無いから 1軒しか 建たない・・・・
  その分 建売チックにはならないのが  よいですね。

不動産の売買には 非常に難しいですね。
 当然 マンションも無理ですから。

そして
数奇屋の素晴しい家が建つ予定です。


とりあえず 隣地境界をブロックで造る  ことに なっています。
 本体は もっと もっと 先の話
  でも 奥のお庭は 先に造らないと だめだと思います 
  大きな樹と 景石 石造物 は人力では搬入が出来ないので
  更地の間に  前もって  据えておきたいものです




表の 道路  狭いでしょう  京都 です。
e0037600_17553624.jpg

[PR]
by nakanokeiichi | 2008-06-21 18:03 | 和庭と数奇屋の家