中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

百合の意味は

庭のカサブランカ
 この蕾で最後です  良く咲いてくれましたね。  
   大きいのは 深植えした球根の上にも肥料をたっぷり入れたからでしょうか?

水遣りも 真面目にしていましたからね。

玄関に 投げ入れています。
 毎日 甘い香りにつつまれて   気持いいですね。
   
e0037600_1314267.jpg


敷物の黒御影石が40cm角ですので  やはり  *デカッ*です。


さて この百合に関して 同級生の先生に教えていただきました。

 彼女のブログにもUPされていますが
    *彼女のブログは知性溢れて花の写真も素晴しいのですが 
   なぜかリンク禁止になっていますので紹介できないのが残念です

>「 百合 」 という字の意味は、その鱗片葉( ゆり根・球根 ) が多肉化し、これが何枚も重なり  合って集まっているいることに由来します。

>「 ゆり 」 の語源はいろいろな説があって、細い茎に大きな花をつけて、ゆらゆらと揺り動くと   ころからついたのであろうと


ま ここまでは 良く知られていることですが
 万葉集のなかでは>>また、 「 ゆり 」 には “ 後 ” という意味があって・・・・・

さて 初めて聞いたぞ? 
    彼女いまでは古文のオーソリティを目指しているようですが
         勉強 すきやね~
         いたるところに万葉集が

ではその難解な万葉集から
彼女が紹介した歌

*吾妹兒之 家乃垣内乃 佐由理花 由利登云者 不欲云二似
>我妹子(わぎもこ)が、家の垣内(かきつ)の、さ百合花、ゆりと言へるは、いなと言ふに似る

あ~ ふられたんだ・・・と 男は思ったのですね  後でと言うことは嫌と似ている。

なるほど・・・そうネガティブに落ち込まなくても と 想い

メールでこの歌を返しました

*等毛之火能 比可里尓見由流 左由理婆奈 由利毛安波牟等 於母比曽米弖伎
>灯火(ともしび)の、光りに見ゆる、さ百合花、ゆりも逢はむと、思ひそめてき

灯火(ともしび)に見えている百合の花、という感じで、また後にもお会いしたいと思いはじめました。
夜の庭に揺れるカサブランカは確かに灯火のように明るいですね
  それを見ながら  また逢える日を想うのか~


ゆり(後で)の意味でした・・・


 ところで 韓国語でユリ は  瑠璃 つまりガラスのことです。
[PR]
by nakanokeiichi | 2008-07-22 13:47 | 庭の出来事