中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

撥水材と石灰岩

家の外壁
 このように 石灰岩で化粧された家は 日本の気候では
  どうしても 苔や酸性雨による劣化 自動車の排ガスの煤煙での汚れは避けて通れません

そこで 前もって 対策を考えるのです

この石 ポルトガルのモカクリーム 石灰岩には クリアコートを2年ごとに塗っています。
 浸透性で無色透明 コーティングでは無いので石の風合いは損ねません。

e0037600_21183758.jpg

ところが 壁のライムコートの掻き落とし仕上げに こんな
 シリコン塗料が・・・・・

なんか 工務店が補修された壁の色がおかしい?  濡れ色なんですが  なんでや?
 コレは元の色に戻るのでしょうか

この 塀も
e0037600_21203949.jpg

土曜日に 塗布されたのですが  1週間でもとのライムコート(フッコー)の色と風合いに戻るのでしょうか????
表面は何か テカテカしていて 塗装膜でテカッています。


 塗料は 某N社 一流企業です。

 FPSと申しましょうか
 濡れ色防止ができて 元の仕上がりの外観がそのまま
 防水性が高い
 高対候性
 透湿性 防カビ性
らしいですが どうなんでしょうか
 塗り分けたのが ダメなら   どうすれば良いのか??

メーカーさんの説明を求めようと思います  が
 それまで メーカーの名前は伏せておきましょう




お庭のフランボワーズ  
   え?  ラズベリーと言うより 美味しそうでしょう
e0037600_21292679.jpg

[PR]
by nakanokeiichi | 2008-06-17 21:33 | 外構の資材