中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

チョーキング  外壁の塗料

なんと 5年で チョーキングが・・・・
e0037600_15424057.jpg

  その名の通り 白くチョークが付いた感じ・・

e0037600_15432944.jpg

 擦ると 下の赤が出てきましたが  手にも付いています
  完全に 劣化してますね

チョーキング
**ウィキペディアより
  チョーキング(Chalking)とは日本語では白亜化(はくあか)とも言い、主に塗装表面が暴露状態の際に紫外線・熱・水分・風等により塗装面の表層樹脂が劣化し、塗料の色成分の顔料がチョーク(白墨)のような粉状になって顕われる現象や状態をいう。

日本語では物の表面が汚れていないのに微細な汚れがあるように見えるとき「粉が吹く」と表現し、チョーキングに相当することが多い。



このまま塗装しないと ますます劣化してしまいます
 店舗は 綺麗なほうが流行ります   けど  原色を塗ると高いし
  直ぐにこうなるので  アイボリーで色合いを組み立ててもいいかと思うのですが

白ならもっとカッコイイ!!のですが 汚れそうです  光触媒って手も有るのですが
  コスト的に  どうなんでしょ?

どうなりますやら


*** 手相 分かりますね 右手左手どちらでどのように 見るのか分かりませんが  ***
[PR]
by nakanokeiichi | 2008-05-16 15:48 | 外構の資材