中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

柿屋

ここ 宇治田原では’古老柿’を作るのに 吊り下げません。
この様に 柿屋のすのこの上の蓑に並べて干します。
 皆 東南の方向に向いていますね。
e0037600_1549421.jpg

宇治田原 特別寒いからね。

この製法には 謂れが有って
** むかしむかし、柿といえば渋柿が主流で、村人はそれを食用にする方法を考えるのに苦心していました。そこへ、一人の娘が現れ、村人に柿を甘くする方法を教えてくれました。そうしてできあがった干し柿はたいへん甘く、おいしいものでした。お礼を言う間もなく娘が立ち去ったのでいぶかった村人は娘の後をこっそりとつけていきました。すると、娘は岩の前で観音さまの姿を現し、消えてしまいました。干し柿の作り方を教えてくれた娘は禅定寺の観音さまの化身だったのです。そこで村人は干し柿を「独りの娘」から「孤娘柿」と呼ばれるようになり、娘が姿を消した岩は「美女岩(びじょいわ)」と呼ばれました。

もうすぐ出来上がって あっという間に売り切れです。

展望台から眺めは瀬田川と南琵琶湖 名神高速
滋賀の岩間寺の奥の 奥宮神社から です。
e0037600_15533580.jpg


特別な景色でもなく チョット ドライブの途中でした

追記 お月様が




ヤッパリ 私のデジカメでは上手く撮れません。
 Macさん 教えて かな?
e0037600_20313845.jpg


実際に見る月と なぜ こんなに違うんだろう。
[PR]
by nakanokeiichi | 2007-11-24 15:56 | 日記