中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

光触媒

最期の仕上げは光触媒の塗装です。

材料と塗装風景
e0037600_1892375.jpg

実際に リシンなどの塗装面やハーフティンバーの木材 破風の木材 天井のAEP面
それぞれに違うを吹き付けるのは 面倒でしょう?

細かいテクニカルな話ですが 光触媒に使う酸化チタンは厄介な物質なんですよ
汚れ(有機質)を分解するってコトは その土台も分解してしまう

マスクは鮒寿司の臭いはしないか?

e0037600_1813083.jpg

そんなコツコツとした下仕事の上に成り立っていて
 噴き付け仕事は ミクロン単位の層しか形成しないので ちょっとした経験と洞察力が
 必要です。

そんなこともあって
 コレが

e0037600_18222194.jpg

 こうなりました
e0037600_1816654.jpg


しかし 普通に洗浄 リシンの塗りなおし でも 見た目は同じですよね。
他の所の写真でも同じです 光触媒の仕上げは目に見えません
e0037600_18234820.jpg

こうなりました
e0037600_18253812.jpg



でもね  光触媒ってTOTOのハイドロテクトなんですよ
何故 それを採用しなかったのかって?






この商品は東京の素車って会社の扱いなんです
 TOTOがコレに乗り出す前から実績があったのですが

実際に
**■太陽の光が街と環境をキレイにするハイドロテクトカラーコート ECO700
外壁の塗りかえをお考えの方へ、新時代の塗料が生まれました**
なんて コピーに引かれながら

なぜ アルクリンコートになったか  です。

>>光触媒/アルクリンコートの特性

1.無機質
  常温で硬化し無色透明で耐熱性、不燃性、耐酸化性の
  塗膜を形成する無機塗料です。

2.耐水性
  プライマーと光触媒トップコートの組み合わせにより
  浸漬時間5,000時間(約200日)をクリア。

3.密着、硬化
  常温で密着、塗装面の硬度に追従し、最大9Hの硬い
  塗膜を形成する。

アルクリンコートは日本塗料検査協会での試験結果をクリアしています。
試験項目 鉛筆引っかき値/付着性/耐水性/耐塩水性/耐沸騰性
     耐薬品性(5㌫塩酸溶液、5㌫硫酸溶液、5㌫水酸化ナトリウム溶液)等

 素車は過去十年に及ぶデータを公開できます。
 また、施工後のメンテナンス(光触媒といえども保守点検は必要です)の指導、
 状態のチェックを行っています。

ということです。

TOTOもその後
ECO-EXなる商品をだして 問題点を解決しようとしたみたいですが。
それなら ここに追いついただけ  !  でした。
それでは TOTOの過去のデーターは無いに等しいかな。
[PR]
by nakanokeiichi | 2007-09-21 18:35 | 家の外装 塗りなおし