中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

庵寺山古墳

地蔵盆のイベントで この町の名前の由来になっている庵寺山古墳の説明を学芸員の方に
 していただきました。
来られたと 思ったら なんと!
 鏡を持っておられるではないか。
e0037600_8415829.jpg

説明会の様子です。
 いろいろ パネルや写真を用意していただき 解りやすかったです;
 *子供より大人が興味を持てたかな。
e0037600_845741.jpg



宇治には約150基の古墳が点在しています。 その中でこの庵寺山古墳はもっとも古い年代
所謂古墳時代前期 に造営されたらしい また珍しい円墳なのです。
また 埴輪が有名で 正確に調査されるまでは 山の上に残っていたらしいです。
ま 簡単なイラストで説明してもらったので
 記録しておきます。 絵をクリックで拡大できます。
e0037600_8593794.jpg

e0037600_8595394.jpg

e0037600_90868.jpg

e0037600_902775.jpg

 モデルは先生??

今回 最大の**おまけ**
 ドキドキしたよ~。




e0037600_914218.jpg



出土の鏡  保存のために樹脂でコーティングしてある。



は い ! 裏を実際に見たこと 無いと思います。
凸になっていました。顔を映す為ではなくて太陽の光を広く反射させる為らしい
e0037600_9427100.jpg
 


実際に触ってみると 思ったより 軽い感じがした。

中国製は鋳型が一つで大量生産していたらしいが
 国産のこの時期の鏡はひとつずつ 鋳型を彫って作ったらしいです。
  実際に触って眺めたら よく出来ていました。
 
[PR]
by nakanokeiichi | 2007-08-27 09:11 | 日記