中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

還幸祭

神幸祭、還幸祭の起こりというより これが祇園祭りの始まりからある行事なのですが
9~10世紀に始まった八坂神社の御霊会(祇園会ぎおんえ)」は、中世前期までは、三基の神輿、十三本の馬上鉾、五匹の神馬、獅子舞、巫女の神楽、田楽の行列が、旧暦の6月7日に祇園社からお旅所へ渡り、14日に祇園社に戻るという日程で行われていました。
現在は太陽暦ですからいつもの日取りなのです。

お旅に移られた神さんが御帰りになる日です。
御神輿は東御座(四若)、中御座(三若)、西御座(錦) 三基です。我々は三若で’スサノオノミコト’をお祭りしております。
お出ましです。
e0037600_051259.jpg

交通規制で四条通りの真ん中で写真がとれました。
e0037600_0493353.jpg

寺町を下がりますので 電気屋さんの前で 記念撮影です。
e0037600_0503275.jpg


高辻を西に 烏丸を北に上って お旅を過ぎると 四条烏丸の交差点
京都も都会です。
e0037600_0522680.jpg


四条を西に大宮まで行きます その後北上して 三条通り商店街
e0037600_0532774.jpg


商店街では今年は*みこしを見る会*と作られて、それぞれの家に暖簾をかけておられました。
これがまた 色々な古代色に染め上げられていました。 街の雰囲気がよくなりますね
ビール飲みすぎででピンボケです。。
e0037600_0563335.jpg

去年に引き続き 蝋燭のフットライトがおしゃれでした。

三条から寺町を下って 四条通りを 八坂さんまで一直線です。

10;00にやっと 御帰りに成りました ここで観る御神輿が一番よいですよ。
e0037600_0585395.jpg

[PR]
by nakanokeiichi | 2007-07-25 00:59 | 日記