中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

雲竜

龍吟庵の庭の石組
e0037600_16321159.jpg

確かに 竜 です。海から雲を突き抜けて昇る龍の顔です。

しかし 見る人の目線は雲の上 と言うことです。
 UFOから見たらこう見えるわけですな。 それにしても ダイナミック。
 また 砂の色の使い分けで表現するなど 誰も思いよらなかったでしょうね。

御影石か大理石の小さいモザイクで海と雲を作ったら 我々は実際に触ることが出来たかもしれません、龍の目線で庵を見つめる庭なんて出来ないものか。
 そんなことしたら 只の観光施設になる  そうですね。


東庭は大明国師の故事から
e0037600_16361120.jpg

説明があって 初めて なるほど ですね。 それぞれの石の動きと姿が決まっています。
出来上がったときは 犬の石の白さが映えていたのでしょう。

気になったのが これ
e0037600_1642254.jpg

鬼瓦ですか 
 門を潜ったら 最初に見に入ってくる
 ここは 龍の住む雲の上を暗示しているか??
[PR]
by nakanokeiichi | 2007-01-25 16:45 | J-GARDEN