中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

仮設住宅もAaltなら・・・

 Wood Program 2010: Shelter Project フィンランドのアールト大学での木の建築に関する集中プログラムで発表された作品です
木材パネルとナイロンストラップで構成された家

e0037600_1541585.jpg


作り方・・出来る工程が簡素   なのに  出来上がったら豊かな仮設
 どこかの国とえらい違いやけど ものすごく参考になると思う
一応 難民用にはなっていますが 木の空間は何とも素晴らしい
 これならコンテナの中にフラットに積んで保存できるし 国内林業の為にも良いのではないかな?
Sao Paulo Bienale Video for Liina←vimeoです 面白いですよ

これは アールト大学でのデザインプロセスですね
Design Process←で 現実化する過程が見られます

↓ ま 自動翻訳を付けておきます



According to a 2007 report by Christian Aid, the number of refugees worldwide is expected to exceed 1 billion by 2050. Using Finnish materials, our task is to design and build a transitional refugee shelter to be deployed quickly and efficiently in cold climates around the world. Size and weight limitations are important factors in designing a transitional shelter to be carried in pieces by two men, assembled in one day by the inhabitants and for a family of five to live in for a maximum of five years. The result is an open source, innovative low-tech solution that also demonstrates our commitment to sustainable materials, furthering wood building design, and reaching out to help communities around the globe.

>>クリスチャン・エイドによる2007のレポートによると、難民の数は、世界中で、10億×2050を超えることになっています。 フィンランドの材料を使って、我々の仕事は、世界中で寒い気候の中で迅速かつ効率よく配備される移行する難民保護を設計・構築することです。 サイズと重さ限界は2人の男性によってバラバラにもたらされるために移行する避難所を設計することにおける重要な要因です。そして、最高5年の間住み込みで働くために住民によって、そして、5のファミリーのために1日で集められます。 デザインを造っている木を進めて、世界中のコミュニティを助けるために接触しようとして、結果は、オープンソース(また、持続可能な材料への我々の関与を示す革新的なローテクの解決)です。

The design of the Wood Program shelter – or “Liina” – is based on panelized construction that is assembled using nylon straps (or “liina” in Finnish), such as those found in the transportation of cargo. The use of straps makes the shelter airtight and allows for easy and secure assembly without the use of power tools or electricity. Repeated connections and modular assembly also help in making the entire shelter easy to assemble in one day. The specially designed SIPs (or “structurally insulated panels”) are made of plywood with a Kerto LVL (laminated veneer lumber) wood frame and filled with VITAL wood fiber insulation. The roof of the shelter and adjoining covered terrace is covered in a textile for protection from the sun, rain and snow and can be replaced when the shelter is moved or re-purposed after the crisis. The entire package arrives flat-packed and all components are sized to fit into a standard shipping container.

While the shelter is meant for use in any cold weather emergency situation, initial calculations were made based on site information from the Ararat Region on the borders of Turkey, Iran, Armenia and Azerbaijan. This hypothetical starting point gave us the data we needed for calculating wind and snow loads, earthquake requirements, and heating and cooling needs during the year. The design of Liina is meant to adapt to a variety of cultural needs and environmental situations.

>>ウッドProgram保護のデザイン – または「Liina」 – ナイロン・ストラップ(またはフィンランド語の「liina」)(貨物の輸送で見つかるそれらのような)を使って、集められるpanelizedされた建設に基づきます。 ひもの使用は、避難所を気密にして、電動ツールまたは電気を使わずに簡単で安全なアセンブリを考慮に入れます。 度重なる接続とモジュール組立体も、1日で集めるのが簡単な全ての避難所を作る際に助けます。 特注のSIP(または「構造的に絶縁されたパネル」)は、Kerto LVL(積層薄板材木)木フレームで合板でできていて、VITAL木部繊維絶縁でいっぱいになりました。 避難所が危機の後動かされるか、再利用されるとき、避難所と隣接しているおおわれたテラスの屋根は太陽、雨と雪からの保護のために織物でカバーされて、とって代わられることができます。 全パッケージは平らに詰め込まれて現れます、そして、すべての構成要素は標準的な輸送容器に収まるために大きさを設定されます。
避難所がどんな寒中緊急事態で使用するためにでも意味される間、最初の計算はトルコ、イラン、アルメニアとアゼルバイジャンの国境のアララト地方からサイト情報に基づくようにされました。 我々が年の間に風と雪荷、地震条件と冷暖房ニーズを計算することのために必要としたデータを、この仮定的出発点は、我々に与えました。 Liinaのデザインは、いろいろな文化的なニーズと環境状況に適応するはずです。
[PR]
by nakanokeiichi | 2011-10-27 15:13 | 思ったこと政治社会