中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

親父に電動カートがとどく

こんなん ですが

e0037600_1429081.jpg


金額が奮ってますね ¥378000
 大量生産で無い分 高くなっていると思うけど
  
 お得意の(日本の企業) 過剰品質で
  ただ 性能はいまいち
8時間充電で平坦地を4時間しか 走れない  24kmが限度らしい

ま そんなに遠くまでゆくことないから OKですが
 今はやりの リチウムイオン電池ではなく 鉛電池 それも 乗用車と共通ではない
 一緒にしたら バッテリー入れ替えで 簡単なのに ね~

ま しかし  レンタルのようです
株式会社セリオ←が やっていますので

おまけに 使い方の指導まで してくれる
e0037600_14351036.jpg

便利と言えば そうだけど
 Chinaで安く作りだしたら あっという間に駆逐されそうですな。
  マイナーだから 日本製でよいけどね。

これから10年 20年過ぎて あの・・・団塊が・・乗り出したら・・
  交通事情無視のわがまま し放題に なるかと思うと  怖いです。


このマシン 歩行者扱いで ナンバーとか有りません。
   俺が乗るころには 大きいタイヤの4WDでダート可が出てないかな?
[PR]
by nakanokeiichi | 2010-12-17 14:44 | 日記