中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

FREE LUNCH

しかし  昼飯がタダではない 

Free Lunch - Aquponics mk 2



しかし よく考えるというか 

水槽の魚も料理できたら・・・   
   テラピアとか飼ったら 面白いかも
  当然 上でサラダ野菜は無農薬ですから・・

e0037600_1244060.jpg


↓ つまり こういうこと
  自動翻訳がついています  相も変わらず 不思議な日本語



e0037600_1251183.jpg



There is no such thing as sustainable product, only the by-products of a sustainable system. To be sustainable first we must establish a closed loop system and its limits/carrying capcity, then the system must be properly managed and not under or over consumed.
持続可能な製品(持続可能なシステムの副産物だけ)なんてものが、ありません。我々が閉ループシステムとその限度/運送capcityを確立しなければならなくて最初に持続可能であるために、それから、システムはきちんと管理されなければなりません、そして、消費されるものをの下でまたはの上に。

Aquaponics is the embodiment of a sustainable system. The Basic premise of Aquaponics is that plants are grown in fish fertilized water and in turn the plants purify the water for the fish to live in, creating a symbiotic relationship. The 225L system displayed in the RCA graduate show provides as many as x10, 15cm plants per week. If the fish tank were made bigger to 500L it could support edible fish and crustacean stock such as tilapia, carp, prawns and fresh water muscles. Because it requires no soil it can be grown in vertical space such as city tower blocks. Aquaponics is suitable
Aquaponics は、持続可能なシステムの実施例です。AquaponicsのBasic前提は植物が魚受胎する水の中で大きくなるということです、そして、次に、植物は魚が生きる水を浄化します。そして、共生関係を確立します。RCA卒業生ショーで示される225Lのシステムは、x10(週につき15cmの植物)と同じくらい多くのものを提供します。魚タンクが500Lまでより大きくされるならば、それは食用の魚と甲殻類株(例えばテラピア、コイ、エビと淡水筋肉)を支えることができます。それが土を必要としないので、それは都市高層ビルのような垂直スペースで大きくなることができます。Aquaponicsは適当です
for micro generation as well as mass agriculture. This method of producing food is highly water, energy and space efficient making aquaponics one important strategy to tackle the emerging national food security problems because of issues such as peak oil.
大量の農業と同様にミクロ世代のために。食物を生じるこの方法は高く水です。そして、エネルギーとスペースがaquaponicsをピークの油のような問題のため、新生の国家食糧安全保障問題に取り組む1つの重要な戦略として効率的です。

As aquaponics is still only used by backyard enthusiasts and in agricultural production the challenge was taking the existing expertise of scientists and giving aquaponics a form and context that could integrate into the lives of city dwelling people who would benefit from it most.
aquaponicsが裏庭狂によって、そして、農業生産でまだ使われるだけであるように、挑戦は科学者の既存の専門知識をとっていて、aquaponicsに最もそれから利益を得る都市住居人々の命に統合されることができた形と前後関係を与えていました。

Supported by: Aquatic Design Center
そばに支えました:水のデザインセンター
[PR]
by nakanokeiichi | 2010-10-06 12:07 | 日記