中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

エアコンの新しいシステム 90%エナジーセイブな

New Air Conditioner Conquers All Climates,
Saves Up To 90% Energy


the DEVap air conditioner

で 自動翻訳にかけたら意味不明と言うより
  なんとなく理解してしまう かな?




NREL senior engineer Eric Kozubal examines a prototype air flow channel of the DEVap air conditioner, which he co-invented. DEVap, which stands for desiccant-enhanced evaporative air conditioner, is a novel concept that uses membrane technology to combine the efficiency of evaporative cooling and the drying potential of liquid desiccant salt solutions. The graph superimposed on the photo shows shows how hot humid air, in red, changes to cool dry air, in blue, as the air passes through the DEVap core. Credit: Pat Corkery
NREL 上級エンジニアエリックKozubalはDEVapエアコンのプロトタイプ気流チャンネルを調べます、そしてそれは、彼が共同発明されます。DEVap (それは乾燥剤の強化された蒸発エアコンを表します)は、液体の乾燥剤食塩水の蒸発冷却と乾かす可能性の効率を結合するために膜技術を使用する新しい概念です。写真ショーの上に置かれるグラフは、空気がDEVap中心を通り抜けて、熱い湿った空気が、赤で、どのように、青で、冷たい乾いた空気に変わるかについて示します。信用:パットコーカリィ

Ah, the cool, refreshing feel of air conditioning on a sweltering summer day. Ugh, the discomfort when those energy bills in July, August and September come due — $200, $400, $600 or more.
ああ、うだるように暑い夏の日の空気調節の涼しい、さわやかな感触。ウッ、7月、8月と9月のそれらのエネルギー議案が満期になる不便 — 200ドル、400ドル、600ドル以上。

Feel miserable, or dig deep into your wallet — not much of a choice for the 250 million Americans who live in climates where heat, humidity or both are a Catch-22 for three to 12 months a year.
惨めであると感じるか、あなたの財布の中に深く掘ってください — 熱、湿気または両方とも1年につき3~12ヵ月間の八方ふさがりの状態である気候の中で生きる2億5000万人のアメリカ人のためのたいした選択でない。

A soothing solution may be on its way, thanks to a melding of technologies in filters, coolers and drying agents.
心休まる解決が、途中にあるかもしれません、混合することのおかげでフィルタ、クーラーと乾燥エージェントのテクノロジーの。

The U.S. Department of Energy's National Renewable Energy Laboratory has invented a new air conditioning process with the potential of using 50 percent to 90 percent less energy than today's top-of-the-line units. It uses membranes, evaporative cooling and liquid desiccants in a way that has never been done before in the centuries-old science of removing heat from the air.
米エネルギー省の国立RenewableなEnergy Laboratoryは、今日の最高級品の単位より50パーセント~90パーセント少ないエネルギーを使う可能性で、新しい空気調節プロセスを発明しました。それは、空中から熱を取り去る世紀前の科学のの前にこれまでされなかった方法で、膜、蒸発冷却と液体の乾燥剤を使います。

"The idea is to revolutionize cooling, while removing millions of metric tons of carbon from the air," NREL mechanical engineer Eric Kozubal, co-inventor of the Desiccant-Enhanced eVaporative air conditioner (DEVap), said.
「考えは冷却に革命をもたらすことです、その一方で、空中から何百万メートルトンのカーボンも除去します」と、NREL機械技師エリックKozubal (Desiccant-Enhanced eVaporativeなエアコン(DEVap)の共同発明者)が言いました。

"We'd been working with membranes, evaporative coolers and desiccants. We saw an opportunity to combine them into a single device for a product with unique capabilities."
「我々は、膜、蒸発クーラーと乾燥剤で働いていました。我々は、独特の能力で彼らを製品の一つの装置に結合する機会がわかりました。」

Hot and Humid Climates are Tricky
暑くて湿った気候は、慎重を要します

Evaporative coolers are a lower-cost alternative to A/C in dry climates that don't get too hot or humid — say, Denver, but not Phoenix or Miami. Water flows over a mesh, and a fan blows air through the wet mesh to create humid, cool air.
蒸発クーラーは、あまり熱いか湿っぽくならない乾燥した気候のA/Cによりローコスト代わるものです — まあ、デンバー、しかし、フェニックスまたはマイアミ。水はメッシュに長くたれます、そして、ファンは湿った、冷たい空気をつくるために湿ったメッシュによって空気を吹き飛ばします。

In humid climes, adding water to the air creates a hot and sticky building environment. Furthermore, the air cannot absorb enough water to become cold.
湿った気候に、水を空中に加えることは、熱くてむずかしい建築環境をつくります。さらにまた、空気は冷たくなるのに十分な水を吸収することができません。

In Phoenix or Tucson, the evaporative cooler can bring down the temperature, but not enough to make it pleasant inside on a 100-degree day or during the four to eight week moist period known as monsoon season. The cooling bumps up against the wet bulb temperature, the lowest temperature to which air can be cooled by evaporating without changing the pressure. The wet bulb temperature could be 75 or 80 degrees on a mid-summer Tucson day. Typically, evaporative coolers only can bring the temperatures about 85 percent of the way to the wet bulb level.
フェニックスまたはトゥーソンでは、蒸発クーラーは、1 100-度日に、または、モンスーン季として知られている4~8週湿った間の間にそれを中で楽しくするのに十分でなく、温度を降ろすことができます。冷却は、湿球温度(空気が圧力を変えることなく蒸発することによって冷やされることができる最も低い温度)に対して、上へぶつかります。湿球温度は、真夏トゥーソン日の75または80度でありえました。一般的に、蒸発クーラーは、温度に湿球レベルへの行き方のおよそ85パーセントをもたらすことができるだけです。

So, for most of the country, refrigeration-based air conditioning is the preferred way of keeping cool.
それで、大部分の国のために、冷凍に基づく空気調節は、涼しくしている好ましい方法です。

e0037600_1533154.jpg


This illustration shows how the DEVap cooling core uses water and liquid desiccant to draw in outside air, exhaust some of that air and return cool, dry air to the area being cooled. DEVap's integrated evaporative component and its desiccant drying process offer improved dehumidification and, thus lower costs and much lower energy usage.
この具体例は、DEVap冷却芯がどのように空気の外で短くなって、その空気のいくつかを使い果たして、冷やされている地域に冷たい、乾いた空気を戻すために水と液体の乾燥剤を使うかについて示します。DEVapの統合化蒸発コンポーネントとその乾燥剤を乾燥させているプロセスは改善された除湿を提供します、そして、このように低い経費と多くはエネルギー使用を降ろします。

Cooling Requires Temperature Drop and Less Moisture
冷却は、温度低下とより少ない湿気を必要とします
Cooling comes in two forms — sensible cooling, which is a temperature drop, and latent cooling, which comes from pulling the moisture out of the air.
冷却は、2つの形で来ます — 湿気を空気から引き抜くことから来る分別のある冷却(それは、温度低下です)と潜在的な冷却。

One intriguing product already on the market in arid, temperate climates is the Coolerado cooler. It differs from a typical evaporative cooler by never increasing the moisture content of the supply air. It provides cool air through indirect evaporative cooling. Indirect evaporative systems use a purge air stream that removes heat from the product or supply air stream that is then directed into a building.
乾燥した、温暖な気候の中ですでに市場に出ている1つの興味をそそる製品は、Cooleradoクーラーです。それは、決して供給空気の含水量を増やさないことによって、典型的蒸発クーラーと異なります。それは、間接的な蒸発冷却を通して冷気を提供します。間接的な蒸発システムは製品から熱を取り除く追放空気流を使うか、それから建物に導かれる空気流を供給します。

That way, the Coolerado can cool the air all the way to the wet-bulb temperature.
そのように、Cooleradoは湿球温度にずっと空気を冷やすことができます。

"It's a big improvement on evaporative cooling because it doesn't add moisture and still gives you cold air," Kozubal said. However, in a humid climate, it still does not provide cold air or humidity control.
「それが湿気を加えなくて、まだあなたに冷たい空気を与えるので、それは蒸発冷却の大きい進歩です」と、Kozubalが言いました。しかし、湿った気候の中で、それはまだ冷たい空気または湿度調節を提供しません。

DEVap: Liquid Desiccants, Permeable Membranes
DEVap:液体の乾燥剤、浸透性膜

The DEVap solves that problem. It relies on the desiccants' capacity to create dry air using heat and evaporative coolers' capacity to take dry air and make cold air.
DEVapは、その問題を解決します。それは、熱を使っている乾いた空気をつくる乾燥剤の能力と乾いた空気をとって、冷たい空気を作る蒸発クーラーの能力に頼ります。

"By no means is the concept novel, the idea of combining the two," Kozubal said. "But no one has been able to come up with a practical and cost-effective way to do it."
「決してでなく、概念小説(2つを結合するというアイデア)です」と、Kozubalが言いました。「しかし、誰も実用的で費用効果がよいやり方に追いつくことができませんでした。」

HVAC engineers have known for decades the value of desiccants to air conditioning. In fact, one of the pioneers of early A/C, Willis Haviland Carrier, knew of its potential, but opted to go the refrigeration route.
HVACエンジニアは、空気調節に何十年も乾燥剤の価値を知っていました。実際、初期のA/C(ウィリスハヴィランドキャリアー)の草分けのうちの1人は、その可能性を知っていたが、冷凍ルートを賭けることを選びました。

Most people know of desiccants as the pebble-sized handfuls that come with new shoes to keep them dry.
大部分の人々はpebble-sizedされたものとして乾燥剤の知っています握り、彼らをのどが渇いていておくために新しい靴とともに来ます。

The kind NREL uses are syrupy liquids — highly concentrated aqueous salt solutions of lithium chloride or calcium chloride. They have a high affinity for water vapor, and can thus create very dry air.
親切なNREL用途は、シロップの液体です — 塩化リチウムまたは塩化カルシウムの非常に濃縮した水食塩水。彼らは水蒸気が高く好きで、このように非常に乾いた空気をつくることができます。

Because of the complexity of desiccant cooling systems, they have traditionally only been used in industrial drying processes. Inventing a device simple enough for easy installation and maintenance is what has impaired desiccant cooling from entering into commercial and residential cooling markets.
デシカント冷房システムの複雑さのため、彼らが伝統的に産業の乾燥プロセスに使われるだけでした。簡単なインストールとメンテナンスのために十分に単純な装置を発明することは、商業的で住宅向きの冷却の市場を始めることからデシカント冷房をそこなったことです

e0037600_1534314.jpg


These graphs show the savings possible with DEVap in a warm, dry climate such as Phoenix, if natural gas is the source of energy.
天然ガスがエネルギー源であるならば、これらのグラフはフェニックスのような暖かい、乾燥した気候の中でDEVapで可能な限りの貯金を表します。

To solve that problem, the NREL device uses thin membranes that simplify the process of integrating air flow, desiccants, and evaporative cooling. These result in an air conditioning system that provides superior comfort and humidity control.
その問題を解決するために、NREL装置は、気流、乾燥剤と蒸発冷却を集積するプロセスを単純化する薄い膜を使います。優れた快適さと湿度調節を提供する空気調節システムのこれらの結果。
The membranes in the DEVap A/C are hydrophobic, which means water tends to bead up rather than soak through the membranes. Imagine rain falling on a freshly waxed car. That property allows the membranes to control the liquid flows within the cooling core. "It's that property that keeps the water and the desiccant separated from the air stream," Kozubal said.
DEVap A/Cの膜は疎水性です、そしてそれは、手段水は膜を通して浸かることよりむしろ上へビーズの傾向があります。新たにワックスを塗られた車に降りかかっている雨を想像してください。その資産は、膜を冷却の中心の中で液体の流れをコントロールさせます。「水を保つのはその資産です、そして、乾燥剤は空気の流れと分離しました」と、Kozubalが言いました。

"We bring the water and liquid desiccant into DEVap's heat-mass exchanger core," Kozubal said. "The desiccant and evaporative cooling effect work together to create cold-dry air."
「我々は、DEVapの熱多数交換器芯に、水と液体の乾燥剤を持ってきます」と、Kozubalが言いました。「乾燥剤と蒸発冷却の影響は、冷たい乾いた空気をつくるために、一緒に働きます。」

The air is cooled and dried from a hot-humid condition to a cold and dry condition all in one step. This all happens in a fraction of a second as air flows through the DEVap air conditioner. The result is an air conditioner that controls both thermal and humidity loads.
空気は冷やされて、1歩ですべて、熱い湿った状態から冷えて乾いた状態まで乾燥します。これは、DEVapエアコンによる気流として、わずかな間にすべて起こります。結果は、サーマルと湿気荷をコントロールするエアコンです。

DEVap helps the environment in many ways. DEVap uses 50 percent to 90 percent less energy than top-of-the-line refrigeration-based air conditioning.
DEVapは、様々な点で環境を助けます。DEVapは、最高級品の冷凍に基づく空気調節より50パーセント~90パーセント少ないエネルギーを使います。

Because DEVap uses salt solutions rather than refrigerants, there are no harmful chlorofluorocarbons (CFCs) or hydrochlorofluorocarbons (HCFCs) to worry about. A pound of CFC or HCFC in refrigerant-based A/Cs contributes as much to global warming as 2,000 pounds of carbon dioxide. A typical residential size A/C has as much as 13 pounds of these refrigerants. The release of this much refrigerant is equivalent to burning more than 1,300 gallons of gasoline, or driving over 60,000 miles in a 2010 Toyota Prius. That's based on the Environmental Protection Agency's fuel efficiency rating for the 2010 Toyota Prius and on the standard of 19.5 pounds of carbon dioxide for every gallon of gasoline burned.
DEVap が冷却物よりむしろ食塩水を使うので、心配する有害なクロロフルオロカーボン(CFC)または塩化フッ化炭化水素(HCFC)がありません。冷却物に拠点を置くA/Cの1ポンドのCFCまたはHCFCは、2,000ポンドの二酸化炭素と同じくらい非常に、地球温暖化に関与します。典型的住居のサイズA/C は、13ポンドのこれらの冷却物も持っています。この多くの冷却物の放出は、1,300ガロン以上のガソリンを燃やすか、60,000マイル以上を 2010台のトヨタプリウスに吹きつけることに等しいです。それは、2010台のトヨタプリウスのための環境保護局の燃料効率評価に関して、そして、燃やされるガソリンのあらゆるガロンのための19.5ポンドの二酸化炭素の標準上で基づきます。

Traditional air conditioners use a lot of electricity to run the refrigeration cycle, but DEVap replaces that refrigeration cycle with an absorption cycle that is thermally activated. It can be powered by natural gas or solar energy and uses very little electricity.
従来のエアコンは冷凍サイクルを走らせるために多くの電気を使います、しかし、DEVapはその冷凍自転車を熱的に動かされる吸収自転車と交換します。それは天然ガスまたは太陽エネルギーで動かれることができて、ごくわずかな電気しか使いません。

This means that DEVap could become the most energy efficient way to cool your house whether you live in Phoenix, New York, or Houston.
あなたがフェニックス、ニューヨークまたはヒューストンに住んでいるかどうかに関係なく、これは、DEVapがお宅を冷やす最も多くのエネルギー効率的な方法になることができたことを意味します。

NREL has patented the DEVap concept, and Kozubal expects that over the next couple of years he will be working on making the device smaller and simpler and perfecting the heat transfer to make DEVap more cost effective.
NRELはDEVap概念の特許権をとりました、そして、Kozubalは次の二年間にわたって、彼が装置をより小さくてより単純にして、DEVapをより費用効果がよくするために伝熱を仕上げることに取り組んでいると予想します。

Eventually, NREL will license the technology to industry, "We're never going to be in the air conditioner manufacturing business", said Ron Judkoff, Principle Program Manager for Building Energy Research at NREL. "But we'd like to work with manufacturers to bring DEVap to market and create a more efficient and environmentally benign air conditioning product."
結局、NRELは工業にテクノロジーの免許を与えます、「我々は、決してビジネスを捏造しているエアコンでいるつもりでありません」と、ロンJudkoff(NRELのビルEnergy ResearchのためのPrincipleプログラムマネージャ)が言いました。「しかし、市場にDEVapを持ってきて、より効率的で環境的に穏やかな空気調節製品を作成するためにメーカーとともに働きたいです。」


More information: Thermally driven air conditioning - http://www.nrel.go … ir_cond.html
詳細な情報:熱的にドライブされた空気調節 - http://www.nrel.go…ir_cond.html


Provided by National Renewable Energy Laboratory
国家再生可能エネルギー研究所のそばで提供されます

最後まで読まれましたね・・ご苦労様ですm(---)m
住宅と建築のECOシステムは国家間の競争になってゆくのでしょう。
日本もALL Japanで システムの輸出産業に作り上げられたら 良いのに。

[PR]
by nakanokeiichi | 2010-09-19 15:42 | 日記