中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

川沿いに咲くバラ 夾竹桃

高速道路でも良く 植えてあるのですが
 近所の 川沿いに まさしく**川沿いに咲くバラ**として咲いています
e0037600_1559362.jpg


夾竹桃 コレが曲者で・・・・

有名な事故ですが、フランスで夾竹桃の枝をバーベキューの串にして肉や野菜を焼いた11人中7人が死亡
熱によって染み出したオレアンドリンが、肉の脂に染み込んだものと思われ、
また、96歳の女性が4gの夾竹桃を食して自殺を遂げた例もあります。
日本では、箸代わりに使った子供たちが死亡した事故もありました。
更に派手なところでは、アレキサンダー大王の軍隊もナポレオン軍も、また太平洋戦争時の日本軍も、夾竹桃の枝を焼き串や箸に使った事で多くの兵を亡くしました。

福岡での伐採さわぎ も ありましたね。

意外と自殺チャレンジャーがいるようです・・・・
   失敗してるみたいだけど

本家本元のsuiside tree←名前がそのままですから  困ったものです。

 良い子の皆様は真似しないように(^^)ですね。

ところが 毒や麻薬代わり って 結構あるのです 身近に
  ダチュラ(チョウセンアサガオ)はことのほか 有名です
**1804年10月13日、世界初の全身麻酔による乳癌摘出手術を行った華岡青洲(はなおかせいしゅう:1760~1835)が妻や実母までも犠牲にして完成させた全身麻酔薬「通仙散(つうせんさん)」には、主成分としてインド産のチョウセンアサガオの葉が使われていました。
e0037600_16375315.jpg

  つまり ソーンアップルです  シバ神のお気に入りの 自然100%
これを飲んだ者は理性を奪われ、長時間、泣いたり、笑ったり、多弁になったり、眠ったりする。ときには正気であるように見えるが、実際には自分の話している相手が誰であるかも分からないのである。そして、精神錯乱が治まった後には、何が起こったのか全く記憶していない。** 完全に・・ですな。

見知らぬ危険が一杯  でも  知っていれば   問題なし。
[PR]
by nakanokeiichi | 2010-06-19 16:38 | 庭の出来事