中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

手術しました     親父が・・・

心臓カテーテルの検査を受けるにあたりインフォームドコンセントを受けた

>>>十分に説明を受けた上で同意すること。具体的には、治療を行う前に病気の内容や、治療方法、治療期間、治癒の確率、手術に伴う危険性などが患者に理解できるように知らされる。患者が同意せずに別の診療方法を選択した場合には、医師がそれに応じた治療を進めていく。1998年4月からは新薬の効果を計る臨床試験の際に、必ず行われることとなっている

確かに説明は事細かく 危険性や事故の確率や いろいろあるが
  結局 相手はプロなんで お任せするって事です

だって 確立0.5%といわれても その事に巡り合ったら 100%なんですから・・・・

 病室からの眺めは  おいおい!

      出来るなら 送り火の日に入院して(笑)  です。
e0037600_19184557.jpg

京都大学の病院の北病棟からは 吉田山と如意が岳が正面に

  京都は結構 緑が多いですね・・・・

でも 病室は  
e0037600_19222153.jpg

 殺風景や・・・

で 手術は思わぬ事態で 2時間延長
 足の動脈が30cmに渡って詰まったまま
   ? ?   変な感じしなかった?  と聞いてみたが    要領を得ず
でも 人体の不思議 ですね  大動脈が詰まっているから 周りの血管が自分でバイパスを作っていました

これには  へ~・・・・・・   でしたよ。

その 詰まった血管にワイヤーを通すのに2時間  四苦八苦だったようです
  そらそうですよね コレステロールとそれに纏わり付くカルシウムの中を 遠隔操作で突き進むのだから
 結局 反対側の膝の裏から援軍投入で  トンネル工事のように双方からドッキングでした。
  Xレイの画像で見ましたが すばらしい!!

 術後の説明で 先生 思いっきり語っていただきました。

先生 曰く   血管が自分でバイパスを作る これが人類が発展してきた(地球を支配した)源泉なのよ 
   そうでなかったら とっくの昔に
         滅んでいたでしょう・・・・     なるほど!!

ま そんなわけで 心臓と足の動脈にステンレスのスラントを タップリ 入っています。
e0037600_19301420.jpg

腎臓の血管はは 経過観察しましょう  です。


一つ 先生に教えて貰った
血液をサラサラ(血小板の集まるのを阻害)する 方法

子供用の 薬を毎日飲み続ける   その薬とは

バ◎◎◎◎ン  です
  笑えてきたよ・・・・  簡単すぎて・・・  
[PR]
by nakanokeiichi | 2009-09-02 19:47 | 日記