中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

ペットの蚤取り問題のその後 アップデートです

e0037600_203854.jpg

猫2匹とママ一匹 さん←の 転載です。

****
先月アメリカ製の蚤取りのスポットオンやシャンプー等を使ったら
たくさんのペットが死亡した、という事件を記事にしましたが、
事件を記事


昨日の夜のニュースでその事件の
アップデートが流れましたのでお知らせしたいと思います。

ニュースは先月のものと殆ど変わっていはいませんでしたが、
新しい事実としてこんな事がつけたしされていました。

アメリカで使われているノミ、チック取りとうの製品は
U.S. Environmental Protection Agency 略して EPA によってチェックされ
管理されていますが、そのEPAが調査に乗り出すというものでした。
先月のニュースが流されてからさらに多くの消費者が苦情をリポートしたようです。

そしてさらに
カナダの政府ではすでに
消費者にむけてそれらの製品を使う時は万全の注意を払うように、と
発表したようです。
(ということは国で認めた、ということですよね?)


アメリカもカナダもこれからの調査によっては
レベルを変えさせたり、種類によっては
売り物として出せないような処置を取るということも考えている、と公表しました。


テレビでは
それらの製品を売り出している会社にも連絡をとったようですが、
全ての製品は使い方を間違えなければ安全である、といっているようです。
Bio Spot 、Hartz Mountain company そしてSergeantといった会社名が
ニュースのサイトから確認できます。


そして同じくEPAからもこの事件がおきているからといって、これらの製品全てが
悪いわけとは限らない、とも言っています。

確かにそうかもしれませんが、実際に44000軒の苦情(2008年だけで)がでていると
わかった今、やっぱりそのようなプロダクツは使えませんし、使いたくもありません。

これから暑くなる季節です。
ノミやチックも多くなる時期です。少し高くなっても
ハーブ等で作られている製品に変えてみるのもいいのでは??

とにかくはやく何かの処置をとってもらいたい、とペットバカの私は思うのです。

U.S. and Canada Investigate Pet Products
← 現地の報道です。

e0037600_2032733.jpg

ペットは自分で 検索して
   自分で予防 は  出来ません

[PR]
by nakanokeiichi | 2009-04-24 20:11 | 思ったこと政治社会