中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場

nakanoex.exblog.jp
ブログトップ

林業 それで?

山の中にはいるのに
 道が必要・・・・

林道です 美しいww
 でも これを人工物と 非難します・・・・


 谷が崩れて砂防堰堤 なんか 田中角栄を思い出したりして~

でも こんな林道が出来てはいるのです


昔から 里に人が住むと 水が必要
 つい最近まで 使われていた 集水設備
  ww  アマゴの養殖かと 思った(^^;


で 鹿も猪も 居るのです
 もちろん 捕まえて食糧に
罠「ですが  チョイト工夫が必要で あはは
  都会人 消費者は知る必要のないこと


だけど 林業は日銭が稼げないな・・・
  アイデアはあるけど それは 林業ではないし~

****
巧みな林道 これも必要だなてt 思った
■  [PR]
# by nakanokeiichi | 2011-11-29 22:12 | 日記

グラコロ

よく
 関西人が お好み焼きをおかずに ご飯を食べると
  炭水化物x2や~と 言われる

ま たまに 饂飩とごはんも 有やけど

じゃぁ 全国の ジャンクフードファン・・・

これは どうなん?ww




■  [PR]
# by nakanokeiichi | 2011-11-26 18:12 | 日記

林業その2

朝 早く登ると こんな景色



昼間は @砂山という風化花崗岩むき出しの 丘から


ちょこっと 小川に降りると
  結構 面白い 苔を発見


で めったに見られない
 関西電力の送電線の下

皆伐ちう  です 

遠く とお~く 琵琶湖が

ま 山はお金生みそうもないから
 手を入れるのは 難しいね
 県の営林でも 赤字垂れ流しで・・ 上手くゆかないし
  いっそ 太陽光発電可能にして (林業の目的外使用) 収益上げるしかないかも

少なくとも 造林の経費は出ると思う
■  [PR]
# by nakanokeiichi | 2011-11-21 20:46 | 日記

林業・・

日本での農業は平均就業者年齢が65歳
 もはや年金をもらいながら する事態で

たしかに 真面目にやっておtられる人もおられて 収益も上がっている・・

では林業は

で 最近 散歩していて見つけた山で
 山は散歩で無く 登りやろww かも

間伐杉やヒノキの山は 間伐が必要
 最近は皮むき間伐(巻き枯らし)ですね 労力が少なくて済む
ひのき林における巻き枯らし 間伐← 現実に行われている

なんか 生きたまま栄養と水を絶って じんわり殺す方法
 人手が不足して 間伐がお金を産まないと そうなるのかな
ボランティアに頼るものでも無いし・・・

しかし
こんな 残酷な殺し方も 有るのですよ
杉やヒノキを植えるために・・

チェーンソーで静脈だけカット


で 山はこんな感じになります


でもね この山 間伐や山の手入れはおじいちゃんが2人で・・って ほとんど無理やと思う
道沿いはできても 搬出はむり
で 切り捨てになるわけ


しかし 薪ストーブを持っている人には なんとも もったいない光景も

広葉樹はゆっくり燃えるら これ薪に加工したら売れるのに・・

ただ 其れにかかる経費は 逆ザヤかもねw

なんとかならないのかな~  私なら杉やヒノキより栗、桃、梅、ベリーに変換して収益揚げるけどな~

だって 杉の木 直径240mmで2mが¥1000なんて おかしいし・・・
日銭を産むビジネスモデルに転換しないと。

もっと 美しい山が出来ないのか・・ トレッキングしても気持ちの良い・・
■  [PR]
# by nakanokeiichi | 2011-11-09 18:35 | 思ったこと政治社会

仮設住宅もAaltなら・・・

 Wood Program 2010: Shelter Project フィンランドのアールト大学での木の建築に関する集中プログラムで発表された作品です
木材パネルとナイロンストラップで構成された家



作り方・・出来る工程が簡素   なのに  出来上がったら豊かな仮設
 どこかの国とえらい違いやけど ものすごく参考になると思う
一応 難民用にはなっていますが 木の空間は何とも素晴らしい
 これならコンテナの中にフラットに積んで保存できるし 国内林業の為にも良いのではないかな?
Sao Paulo Bienale Video for Liina←vimeoです 面白いですよ

これは アールト大学でのデザインプロセスですね
Design Process←で 現実化する過程が見られます

↓ ま 自動翻訳を付けておきます

More
■  [PR]
# by nakanokeiichi | 2011-10-27 15:13 | 思ったこと政治社会

SolorDecathlon

日本からの参加はなかったようですが
 20チームによるソーラーハウスが建てられた
SOLORDECATHLON

どれも 良いデザインだった
 いずれ 世界に広がってゆくでしょう
 日本でもコピーされるかもw

でも なぜ参加しなかったのか? ソーラーハウスの先進国とちがったのかな?
            広縁と庭の日本スタイルを提案して欲しかったな。

ま お気に入りだけUPして見ましたw

TRTL (Technological Residence, Traditional Living
カナダのエントリー フラットな屋根より効率は良い
  手前のインデアンのテントのほうが 環境にはよいかも(^^;


NY ペントハウス・・・探偵事務所ではない・・
 ビルの屋上はこうなってゆくでしょう 屋上緑化が全てではないと思う


California's soaring land
 壁のビニールコートのメッシュが建物を守る 完全外断熱
 砂漠にあれば というか地球が砂漠化するとこういうのは 必要かな?


China  個人的のはチープで可能性があって良いと思う
 上海の若者がターゲットらしいですがw ミニマリズムは理解できるか?
 このコンテナx3のユニットを平面で組み合わせてゆくと 無限のグリッドが出来上がる
 コミュニティタウン形成にも繋げて行けるでしょうね


NewZealand  ウエスタンレッドシダーの木の家が素敵
 何と言っても ウォークスルーが 心地良いでしょうね
 

MaryLand バタフライルーフが雨を集めて利用できる 庭の水やりだけでなく
 やはり 木の家は良いですね 周りがMeadowsなら もっと素敵なことですね
 
■  [PR]
# by nakanokeiichi | 2011-09-26 10:06 | 思ったこと政治社会

Charlotte Gainsbourg / L'un part l'autre reste

秋 だね~

One goes away the other stays
Have they forgotten their promises?
At the least laugh, at the least gesture
Trueloves have no more address
When one goes away and the other stays

Is there any sin other than youth's?
Is there any past other than leaving nothing?
Trueloves are in distress
When one leaves and the other stays

Stay at your place
Age without me
Don't call me anymore
Erase me
Tear up my letters
And stay there
Tomorrow maybe
You will come back

Gesture of love and tenderness
Like two birds missing drunkenness
Trueloves have no more address
When one goes away and the other stays

Are they sorrowful as soon as they hurt you?
On the next day of clumsiness
Trueloves are in distress
When one leaves, and the other stays

Some sad farewells
So much illusions
If it's a game
It will be no
Give me my letters back
And stay there
Tomorrow maybe
You will understand

Some sad farewells
So much illusions
If it's a game
It will be no
Give me my letters back
And stay there
Tomorrow maybe
You will understand

They won't forget their promises
They will write to each other at the same addresses
Trueloves recognize each other
When one leaves and the other stays

■  [PR]
# by nakanokeiichi | 2011-09-13 19:35 | 日記

< 前のページ   次のページ >